おすすめ情報
サイト内検索
カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
過去記事一覧

疲労対策

 毎日忙しい生活をおくっていると疲労がたまってきます。疲労がたまると資格勉強もはかどりません。上手に疲労回復して資格勉強に励みましょう。

 慢性的な疲労を感じている人はビタミンB群が不足している時があります。ビタミンB群の中でもビタミンB1は炭水化物や糖分をエネルギーに燃焼させる時に必要なビタミンで、きちんと燃焼させないと燃えカスとして残った乳酸が体内に残り疲労につながります。

 精神的な疲労が重なると体内に取り込んだ酸素が活性酸素に変化し体に悪い影響を及ぼします。

[include file=/rssb/13727/rss.html]

 ストレスが重なると副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになりビタミンCの消費が多くなります。このような体の酸化防止には、抗酸化ビタミンの、ビタミンC、ビタミンEが効果を発揮します。

 ニンニクやねぎなどに含まれるアリシンという成分はビタミンB1の吸収を高める効果があると言われています。豚肉料理にはニンニクやねぎを加えて料理してみましょう。

 疲労回復には、毎日の生活と食事を見直し、ビタミンB群や鉄分、抗酸化ビタミンの、ビタミンC、ビタミンEを十分取る事を心がける事が大切です。  

 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13728/rss.html]

頭痛対策

 頭痛のとき資格勉強を無理して行っても効率よく覚えていく事はなかなか出来ません。市販の薬を使ったり休養を取るなど頭痛の対策を考えましょう。

 一般的に頭痛の原因とされるものは肩や首の筋肉の収縮によって起こるものや、頭部の血管の収縮や拡張によって脳内の血液循環が十分に行われず酸素が不足した状態のもの、眼精疲労など、さまざまな理由で起こります。

 原因がわからない頭痛の多くはマグネシウム不足と考えられています。マグネシウムが少なくなると血液中のセレトニンが脳内に放出され、その結果痛みの原因とされるプロスタグランジンと言う物質が発生し頭痛になると考えられています。

[include file=/rssb/13725/rss.html]

 原因不明の頭痛のと時は神経系の痛みを和らげるビタミンB1や血管を拡張させる効果があるニコチン酸がお薦めです。

 また不足しがちなマグネシウムや抗酸化ビタミンE,ビタミンCも体のストレスを減らす作用があるのでサプリメントなどを使って上手に補給しましょう。
 
 カフェインには血管を収縮させる働きがあります。カフェインのとりすぎはマグネシウム不足にもつながります。頭痛の人は避けるようにしましょう。

 また、アルコールは脳内の血管を広げる作用があり、頭痛を引き起こすきっかけにもなるので適量にしておきましょう。
  
 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13726/rss.html]

運動不足対策

 資格勉強を始めると家の中に閉じこもることが多くなって、運動不足になりがちです。

 しかし毎日適度な運動をする事でストレスの解消や気分転換になります。時間を見つけて簡単な運動を行うようにしましょう。簡単な運動、特に歩く運動(有酸素運動)がお薦めです。運動不足の方がいきなりハードなジョギングをすると膝や腰に負担がかかるので、あまりお薦めはできませんが。

 歩く事は道具が要らずすぐに出来るのも魅力的です。歩く事で脳に刺激が加わり今まで解らなかった事や思い悩んでいた事が突然解決する事があります。歩いている最中にアイディアがひらめく事も沢山あります。

[include file=/rssb/13723/rss.html]

 運動にビタミンをプラスすると効果が高まります。運動不足で出来た脂肪を燃焼するためにはビタミンB2が効果的です。

 抗酸化ビタミンのビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンを一緒に取ることで血管に悪玉コレステロールが付着するのを防ぐ事が出来ます。

 特にビタミンCは、パントテンサ酸とともに善玉コレステロールの生成を助ける働きがあります。
  
 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13724/rss.html]

イライラ対策

 イライラするのは資格勉強だけではありません。社会人の方は会社でもイライラすることもあるでしょうし、学生も学校での毎日の勉強で大変なのではないでしょうか。

 イライラする事は誰でもあります。イライラしたときは気持ちを切り替えて早めに寝るのが一番効果があると思います。

[include file=/rssb/13721/rss.html]

 しかし資格勉強中は寝るわけにも行きません。そんなときはカルシウムとマグネシウムを上手に取ってイライラを押さえましょう。私たちの体は細胞内でマグネシウムの量が減少するとカルシウムの量が増え、マグネシウムの量が増えるとカルシウムの量が減少するようにバランスをとっています。このバランスが崩れるとイライラが強まります。

 カルシウムの吸収率を考えると牛乳が一番効果的な食べ物です。牛乳に含まれるカゼインと言うタンパク成分が腸内でペプチドと言う物質に分解されてカルシウムの吸収を助けるからです。

 牛乳が嫌いな方は加工された乳製品や豆腐などで代用しましょう。煮干などのカルシウムは炭水化物と一緒に取ると吸収率が上がります。
  
 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13722/rss.html]

ストレス対策

 資格勉強はストレスとの戦いです。

 資格勉強が思いどうりに進まないときや、覚える事が出来ないとき。肉体的な疲労や睡眠不足などいろんな事でストレスはたまります。

 適度なストレスは資格勉強のやる気を出してくれるのでいいのですが、過度のストレスは体の負担になってしまいます。過度の精神的ストレスや肉体的ストレスはさまざまな臓器に障害をおこします。

[include file=/rssb/13719/rss.html]

 私たちの体はストレスを感じると、対応するために副腎皮質ホルモンの分泌を促します。このホルモンが大量に生じる事で血糖値を高めエネルギーを増やしてストレスに対応します。

 このとき大量のビタミンCが消費されるので日頃からビタミンCを取るようにしておきましょう。

 ストレスに有効な栄養素は抗酸化ビタミンの、ビタミンE、ビタミンCです。日頃からビタミンCが不足しないように心がけておきましょう。ビタミンEとビタミンCを一緒に取ると効果的です。

 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

 社会人の方は会社でもストレスを受けることが多いと思いますので、ストレス対策はとても重要になってくると思います。

[include file=/rssb/13720/rss.html]

睡眠不足対策

 資格勉強で一番気をつけることは睡眠不足です。睡眠不足は注意力や集中力が落ちるだけでなく、一番大事な記憶する事が困難になります。

 睡眠は不活性状態であるというのは古い考えなのです。記憶の強化をはじめ、脳は睡眠中にもさまざまなことをしています。記憶力を最大限にするためには定期的に睡眠を取ることが必要であるという研究者の報告もあるのです。また逆に、睡眠が不十分だと気分も能力も低下してしまいます。睡眠は十分にとるように心がけましょう。 

 徹夜の睡眠不足は要注意です。徹夜明けの人は血液中のビタミンB1の濃度が低下します。体の中でビタミンB1の貯蔵量が減ると疲労感や食欲不振になる恐れがあります。

[include file=/rssb/13717/rss.html]

 睡眠不足で疲れた体にはエネルギーになる炭水化物や糖分、脂肪の代謝を高めるビタミンB群をまとめてとると回復が早まります。睡眠不足で出来たストレスを解消するためにもビタミンCを十分に補給する事が大切です。

 睡眠不足の解消は、十分な睡眠です。資格勉強も大切ですが徹夜でも資格勉強はお薦めしません。十分な睡眠をとるようにしましょう。

 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13718/rss.html]

目の疲れ対策

 資格勉強を行うと目が痛くなったり、文字がぼやけてきたりします。
 こうなってくると、勉強に集中できなくなって、効率が落ちてしまいます。

 では、なぜこのような症状が出てくるのでしょうか。

 これは水晶体を支える遠近の調整をしている毛様体の機能が低下し眼精疲労になった状態です。

 水晶体に十分な酸素補給されないと疲労が増していきます。

 目の疲れに効く成分は、ビタミンAが、有名です。ビタミンAは脂溶性のため、とりすぎの心配もあるので、体内でビタミンAに変わるベータカロテンをしっかり摂る事が大切です。目は神経組織のひとつなのでビタミンB群も忘れずに補いましょう。

[include file=/rssb/13715/rss.html]

 目の酸化を防ぐ意味でも抗酸化ビタミンのビタミンE、ビタミンCをこまめに取ることも大切です。ブルーベリーなどの果物に含まれるアントシアニンを摂る事も効果的です。

 ドライアイは、パソコンなどの画面を長時間見つめ、瞬きの回数が減って涙が少なくなって角膜の表面に傷をつけたり、眼球の抵抗力が低下するときがあります。
  
 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

 これらのことに気をつけて、勉強を続けていきましょう。

[include file=/rssb/13716/rss.html]

量より質?

 勉強では量より質が重要か?それとも逆でしょうか?
 皆さんはどのように考えているでしょうか。

 特にTOEICのような英語の資格試験の為の勉強法では、音読法などがありますが、それに加えて量をこなす事が大切になってきます。

 英語の資格試験では問題の量が多く、バラエティーにも富んでいるので、過去の問題分析などの勉強法だけでは必ずしも有効とはいえません。

 日常的に英語を話したり聞いたり出来る環境にいる方には有利な問題が多いということです。

 つまり、自分も英語圏で生活しているつもりで意識的に英語漬けになる必要があります。

 英語の資格なので勉強法も自分に効率良く工夫しなければなりません。

[include file=/rssb/13713/rss.html]

 量をこなすならば、英字新聞やペーパーバックを読むのもひとつですし、好きな映画を字幕無しで鑑賞し、音楽も英語の曲を聞くのがいいでしょう。ビートルズなどおすすめです。

 通勤時間や昼休みを利用して、ラジオやipodで英語を聴くのも短時間なだけに集中しやすいので試してみてはどうでしょうか。

 高い英語教材もそれなりに投資するだけに気になる存在ですが、日常的に英語を取り入れることで、高い英語教材に負けず劣らずすばらしい勉強法になるではないでしょうか?

[include file=/rssb/13714/rss.html]

リストラクチャリングシステム

 リストラクチャリングシステムという資格の勉強法があります。
 どのようなものかご存知でしょうか?

 資格取得のための勉強法は、工学博士が提唱する全体像を把握するという勉強法や英語学習に有効な音読法など、実に様々な人が実体験に基づき提唱しています。

 では、400の資格を取得している「平成の資格王」として知られる中村一樹氏の勉強法はどういったものなのでしょうか?

[include file=/rssb/13711/rss.html]

 一般に、受験でも資格試験の勉強法でも有効視されているのは、過去の出題問題を分析するという手法です。中村氏はその過去の出題問題を徹底的に分析する「過去問の選択肢単位の分析」を行い、再構築することで(=リストラクチャリング)自分にとって最良の学習効率を編み出す事が出来ると提唱しています。

 つまり資格試験に必要な知識を最短で、そして効率良く確実に身につけることが可能な勉強法が、このリストラクチャリングといえるのです。

 時間的な余裕のある学生が、ゆったりと一般教養を身につけるのとは事情が違います。

 テキストを熟読して問題集に取り組むといった手法では、時間に追われる社会人にとってはいささか遠回りなのです。

 だからこそリストラクチャリングシステムが有効視されるのでしょう。

[include file=/rssb/13712/rss.html]

独学での勉強

 独学で資格の勉強をするときに大事なこととは何でしょうか?

 資格試験に独学で合格するためには、ただやみくもに勉強したのでは効率が良くなる事はありません。むしろ逆効果になるかもしれません。難しい資格試験であればなおさら正しいルールに沿った勉強法が必要です。

[include file=/rssb/13709/rss.html]

 勉強は「センス」です。

 受験や資格試験にしろ、独学は特に自分の勉強法を見直すために頭を使う必要があります。

 自分の勉強法の長所短所を把握して、短時間でも集中して学習効率を上げる方法を模索しなければならないのです。

 独学で気を付けなければならないことは、常に自分の理解を深める努力をするということです。

 それは資格試験系のブログやメルマガの作成者本人に質問して回答を得る事で理解を深めるという方法でも良いですし、速読術などの勉強法を学ぶのもひとつです。

 注意すべきことは、単純暗記の知識と理解を深める知識とを分けておくということです。

 理解を深める知識については、その周辺の知識も一緒に覚えておくとより理解が深まります。

 単純暗記の知識は、細切れの時間でも空き時間に10分でも15分でも集中して繰り返し覚えると効果的です。

 正しい独学の方法をマスターして、オリジナルの勉強法を身に付けると面白いかもしれません。

[include file=/rssb/13710/rss.html]