おすすめ情報
サイト内検索
カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
過去記事一覧

朝の30分勉強

 時間別の勉強法のひとつとして、朝の30分勉強法について紹介していきます。

 毎朝早起きして30分も勉強するなら、1分でも布団の中で過ごしたいと考えても仕方が無い事です。毎朝布団のなかで、時間ギリギリまで寝ていても悪い事ではありませんが、それでは自分の勉強時間は確保できません。

 朝のメリットは、早起きすれば全て自分の時間に使える事です。早起きして出来た時間は誰にも邪魔される事はありません。自分の時間として有意義に過ごしましょう。

[include file=/rssb/13747/rss.html]

 朝の30分で勉強する方法は、新しいことを覚えるよりも、復習に時間を使った方が確実に頭の中に覚えこませることができます。特に、前日に勉強した事を復習すれば確実に自分のものとしていく事が出来ます。

 朝の30分勉強は前日の復習がお薦めです。

 早起きは慣れれば簡単に行う事が出来ます。早起きの一番のポイントは、とにかく布団から出ることです。布団から出る事が出来れば、早起きは簡単に出来ます。

 早起きのポイントを以下に挙げておきますので、参考にしてください。

  ・速く寝る
  ・起きる時間を決める。
  ・目覚ましは手の届かないところにセットしておく。
  ・早起きの目的を決めておく。
  ・寝る前に、朝は~時に起きると考えながら寝る。

[include file=/rssb/13748/rss.html]

30分勉強

 30分の勉強時間を大切にするために、勉強の準備は事前に用意しておきます。勉強の準備を怠っていては大事な30分が少なくなります。テキストや、参考書を用意して、勉強する事を考える。コレでは時間がすぐになくなります。

 30分の勉強を行う前に、テキストや参考書は準備し、勉強する範囲や、勉強の場所を事前に考えて起きます。

 準備をしておく事で30分きっちりと勉強が出来30分と言う短い時間を有効に使う事が出来ます。

 30分勉強のポイント!
  ・ 勉強の準備を事前に行っておく。
  ・ どこを勉強するか考えておく。

[include file=/rssb/13745/rss.html]

 1日30分勉強方法のポイントは、勉強時間で方法を変えることです。同じ30分でも、朝と寝る前では集中力が違います。集中力が無いのに物を覚えようと勉強をしても、身に付くはずはありません。

 時間とあなたの体調によりピッタリとした勉強方法があります。

 あなたにとって得意な時間帯は必ずあるはずです。得意な時間帯に集中して勉強を行えば、効率よく勉強が出来ることでしょう。

 ダラダラ勉強を行うよりも、集中して勉強を行うほうが効果が上がります。

 勉強は夜に行うものと考えているかもしれませんが、夜は疲れと睡魔で集中力が途切れがちです。夜は集中して短時間の勉強が良いと思います。

[include file=/rssb/13746/rss.html]

生活時間を書き出す

 勉強を始める前に、生活時間を書き出すということが大事になってきます。

 1日に30分勉強するためには、自由になる30分を作らなければいけません。簡単に30分と言いますが、自由になる30分を作ることは大人になると大変な事です。

 資格の勉強、趣味の習い事をやりたい。でも時間がない。

 時間がないと言う理由だけで諦めていませんか?1日30分の自由時間ならちょっと工夫するだけで作る事が出来ます。

 30分の自由時間を確保するために、まず1日のタイムスケジュールを書き出してみましょう。

[include file=/rssb/13743/rss.html]

 忙しく生活しているあなたも、紙に1日の時間割を書いてみると、30分ぐらいの空時間は見つかると思います。

 生活のリズムにより違いがありますが、30分の空時間が数箇所見つかるかもしれません。

 1日に30分の空時間が4つ見つかれば、合計で2時間も資格の勉強や、趣味の習い事に使う事が出来ます。

 あなたの時間の使い方を自覚する事から始める事が大事です。

 時間を書き出すときは、毎日の生活で平均的な時間の使い方を書き出しましょう。また平日と週末は時間の使い方が違うと思うので、2種類書き出すようにします。

 毎日の時間を書き出すのは、生活のリズムを自覚し、空き時間を勉強、習い事に使う事が目的です。

[include file=/rssb/13744/rss.html]

週末資格勉強

 週末は勉強を行うのにぴったりです。

 時間に余裕があるといってもダラダラと勉強しても成果は上がりません。事前にスケジュールを作り集中して勉強が出来るように計画をしておきましょう。

 資格勉強の基本は【コツコツ】行う事です。週末だけまとめて勉強してもあまり成果は期待できません。

 週末にまとめて行うのではなく、息抜きもかねて家族サービスを行うほうが勉強の成果も上がります。

[include file=/rssb/13741/rss.html]

 また、会社に勤めると一定数の有給を使う事が出来ます。有給休暇を使って勉強をする事も出来ますが、この勉強方法はあまりお薦めしません。

 現在の社会情勢の中、有給休暇を使う事が難しいのが現実です。有給を使った事で本業の評価が下がったのでは意味がありません。

 また、会社で有給取得は、病気や冠婚葬祭で使うのが一般的だからです。有給休暇を使うときは良く考えて使うようにしましょう。

 有給休暇を使って勉強をするときは、試験の直前に最後の仕上げとして使います。試験の直前に仕事を休む意味は、勉強をするためではなく、ゆっくりと休養をとり、試験に備えるためです。

 試験に備えて準備してきたものが、前日のハードな仕事のために無駄になっては意味がりません。

 社会人にとって限られた有給は、上手に取得しましょう。試験の直前に勉強する事で合格率が上がると思います。

[include file=/rssb/13742/rss.html]

早朝、深夜勉強法

 早朝資格勉強は、朝早く起きて資格勉強を行います。早く起きれば、邪魔される事なく資格勉強に集中する事が出来ます。

 早朝の勉強は学校や会社、家事と時間が限られているため、集中して勉強する事が出来ます。

 初めは大変ですが、慣れると簡単に早起きは出来ます。大事な事は一度起きたら2度寝しない事です。早起きして目覚めを良くする方法は熱めのシャーワーを浴びる事です。シャワーを浴びることで交感神経が刺激され、すっきりと目覚める事が出来ます。

 目が覚めてすぐに勉強するのはとてもしんどいので、シャワーですっきりとしてから勉強を行うと、集中力が上がり資格勉強がはかどります。

[include file=/rssb/13739/rss.html]

 一方の深夜勉強は資格勉強の定番です。深夜に勉強を行うときのメリットは睡眠時間を調整する事で勉強時間の融通が出来る事です。

 大人の方はお酒を飲みながら勉強できるのも嬉しいですね。

 深夜の資格勉強は睡眠を削ってしまいがちです。しかし日々の生活に支障が出ては意味がありません。日々の生活に支障が出ないように計画的に行う必要があります。資格勉強は集中した時間が大切です。

 深夜に行う勉強で特にお薦めなのが発声です。声を出す事で体の体温が上昇しとても気持ちよく寝る事が出来ます。

 気持ちよく寝ることで勉強の記憶効果が高まります。

[include file=/rssb/13740/rss.html]

通学講座で勉強する

 通学講座で勉強する事で同じ目標を持っている仲間を見つける事ができ、励ましあいながら勉強する事が出来ます。また、通学講座は資格試験のためのものなので合理的に資格勉強をする事が出来ます。

 資格試験も受験と同じように傾向と対策があり、通学講座で学ぶ事でこれらのノウハウを手に入れる事が出来ます。

 同じ目的を持っている仲間が見つかる事で、勉強に対するモチベーションが上がる事も見逃せません。

 通学講座がお薦めのタイプはコチラです。

   ・資格受験初体験な方
   ・難関の資格にチャレンジする方
   ・短期間で合格を目指す方
   ・スケジュール管理が苦手な方

[include file=/rssb/13737/rss.html]

 一方、独学で勉強する方法もあります。通学講座、通信講座を使うことなく勉強しても試験に合格する事ができます。

 独学で勉強するときの問題点として、何を勉強するのかがまず問題になります。試験に合格するための勉強方法がわからないからです。資格試験も沢山あり、難関と言われる資格ほど勉強方法の問題が出てきます。

 市販の資格に対する本は全てに対して書かれているため、覚えるだけでも大変です。

 独学で勉強をするときは事前にスケジュールを考え、きちんと自己管理を行いながら勉強する事が重要です。

 独学講座がお薦めのタイプはコチラです。

   ・費用をかけずに勉強したい方
   ・マイペースで勉強したい方
   ・勉強方法に自身がある方
   ・自己管理に自身がある方

[include file=/rssb/13738/rss.html]

通信講座で勉強する

 通信講座で勉強する一番のメリットは、自宅で勉強できる事です。スクールまで通う必要がありませんので、自宅であなたが勉強したい時間に勉強が出来ます。時間が固定されないことと、スクールまでの交通費がかからないことがメリットです。

 通信講座といえば、教材と本だけでしたが、今は、CDやDVD、パソコンやインターネットを使った通信講座もあります。

 資格の勉強を始めてみたい、しかし時間の都合がない方は通信講座で勉強してはいかがでしょうか。

[include file=/rssb/13735/rss.html]

 通信講座での勉強は、少し出来たスキマ時間を利用し勉強する事が出来るのでとても便利です。

 通信講座での勉強がお薦めのタイプは下記のようになります。

   ・通学出来るスクールがない方
   ・通学する時間がない方
   ・自宅にパソコンがある方
   ・スケジュール管理が出来る方

 通信講座を使って上手に資格勉強を行うためには、資料の取り寄せが欠かせません。通信講座を申し込み前に、資料を取り寄せて、あなたに必要な通信講座か確かめてから申し込むと無駄な出費が抑えられます。

 生涯学習のユーキャン、がくぶん総合教育センター、ヒューマンアカデミーでは、通信講座の資料が全て無料で取り寄せる事が出来ます。

 時間とお金を上手に使うためにも、無料資料請求は大切です。

[include file=/rssb/13736/rss.html]

肩こり対策

 資格勉強に肩こりは関係ないと思われがちですが、肩こりの原因として同じ姿勢で長時間作業をする事があります。

 長時間机に向かう資格勉強では肩こりが起こっても不思議ではありません。
また、社会人でもデスクワークが多い人には、慢性的な肩こりを抱えている人も多いのではないでしょうか。肩のこりや痛みを抱えたままでは、勉強も能率が上がりません。

 肩こりは乳酸が関係しています。乳酸は筋肉のエネルギーを作り出すときにグリコーゲンが燃焼されます。

 このとき老廃物として発生する物質が乳酸です。乳酸は肝臓に運ばれると疲労感がかなり減少しますが、筋肉の中に残ると筋肉の硬直や血流が悪くなり肩こりの原因となったりします。

[include file=/rssb/13733/rss.html]

 乳酸を肝臓に運ぶためにはビタミンB1、ビタミンB2、ニコチン酸を取ると良いでしょう。また、筋肉の硬直で傷が付いた末梢神経を回復するためにはビタミンB12がお薦めです。

 資格勉強のように長時間同じ姿勢を続けると血液の流れが悪くなるときがあります。血流を良くするためにはビタミンEがお薦めです。 

 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13734/rss.html]

体力不足対策

 体力不足は資格勉強とあまり関係が無いように思われます。しかし、意外にも体力と資格勉強の関係は大きいのです。

 仕事や家事を行いながらの資格勉強は体力が勝負になります。体力不足では疲労がたまり、風邪の原因になったりします。ということで、資格試験に臨むにあたって、体力があった方が有利なのです。

[include file=/rssb/13731/rss.html]

 スタミナを増強するのに効果があるのはパントテン酸です。パントテン酸は脂肪や糖質、タンパク質などのエネルギー代謝には欠かせないビタミンです。

 パントテン酸が不足すると、食事からの栄養が上手に吸収できない事があり、体力が落ちる原因にもなります。

 ビタミンB1は、血液中の糖分の代謝に欠かせないものです。ビタミンB1が不足すると体の中に乳酸がたまりやすくなり疲れの原因となります。

 またビタミンB1には神経細胞の活力を高める働きもあるので、根気が続かない人にピッタリです。

 ビタミンB1、パントテン酸、ビタミンCを食事やサプリメントを上手に使って、沢山補給しスタミナをつけるようにしましょう。
  
 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13732/rss.html]

風邪対策

 資格勉強中に風邪を引いてしまうと数日は何も出来なくなるだけでなく、周りにも迷惑をかけてしまいます。試験日が近い場合は不安になってしまいます。

 風邪の引き始めで無理をすることなく上手に直すように心がけるようにしましょう。風邪は、疲労などで体力が落ち、鼻や咽の粘膜が弱っているときに特にかかりやすくなります。また不規則な生活からビタミンが不足すると抵抗力が落ち風邪を引きやすくなります。

[include file=/rssb/13729/rss.html]

 鼻や咽の粘膜を強くする効果があるのはビタミンAです。免疫効果がある【インターフェロン】の助けをするビタミンCと一緒に取るようにしましょう。低下した免疫効果を助けるためにはビタミンEが効果的です。

 風邪を引いたら、ビタミンCを取ることはもちろん、普段よりも多めの水分を取りゆっくりと休養する事が一番です。

 無理をして風邪を長引かせるよりも、しっかりと休むほうが風邪の直りが早くなります。どうしても寝ていられないときは、ビタミンC、ビタミンEを少し多めにとり、体力の回復のためにビタミンB群も取るようにしましょう。

 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13730/rss.html]