勉強を始める前に、生活時間を書き出すということが大事になってきます。

 1日に30分勉強するためには、自由になる30分を作らなければいけません。簡単に30分と言いますが、自由になる30分を作ることは大人になると大変な事です。

 資格の勉強、趣味の習い事をやりたい。でも時間がない。

 時間がないと言う理由だけで諦めていませんか?1日30分の自由時間ならちょっと工夫するだけで作る事が出来ます。

 30分の自由時間を確保するために、まず1日のタイムスケジュールを書き出してみましょう。

[include file=/rssb/13743/rss.html]

 忙しく生活しているあなたも、紙に1日の時間割を書いてみると、30分ぐらいの空時間は見つかると思います。

 生活のリズムにより違いがありますが、30分の空時間が数箇所見つかるかもしれません。

 1日に30分の空時間が4つ見つかれば、合計で2時間も資格の勉強や、趣味の習い事に使う事が出来ます。

 あなたの時間の使い方を自覚する事から始める事が大事です。

 時間を書き出すときは、毎日の生活で平均的な時間の使い方を書き出しましょう。また平日と週末は時間の使い方が違うと思うので、2種類書き出すようにします。

 毎日の時間を書き出すのは、生活のリズムを自覚し、空き時間を勉強、習い事に使う事が目的です。

[include file=/rssb/13744/rss.html]