資格勉強中に風邪を引いてしまうと数日は何も出来なくなるだけでなく、周りにも迷惑をかけてしまいます。試験日が近い場合は不安になってしまいます。

 風邪の引き始めで無理をすることなく上手に直すように心がけるようにしましょう。風邪は、疲労などで体力が落ち、鼻や咽の粘膜が弱っているときに特にかかりやすくなります。また不規則な生活からビタミンが不足すると抵抗力が落ち風邪を引きやすくなります。

[include file=/rssb/13729/rss.html]

 鼻や咽の粘膜を強くする効果があるのはビタミンAです。免疫効果がある【インターフェロン】の助けをするビタミンCと一緒に取るようにしましょう。低下した免疫効果を助けるためにはビタミンEが効果的です。

 風邪を引いたら、ビタミンCを取ることはもちろん、普段よりも多めの水分を取りゆっくりと休養する事が一番です。

 無理をして風邪を長引かせるよりも、しっかりと休むほうが風邪の直りが早くなります。どうしても寝ていられないときは、ビタミンC、ビタミンEを少し多めにとり、体力の回復のためにビタミンB群も取るようにしましょう。

 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13730/rss.html]