頭痛のとき資格勉強を無理して行っても効率よく覚えていく事はなかなか出来ません。市販の薬を使ったり休養を取るなど頭痛の対策を考えましょう。

 一般的に頭痛の原因とされるものは肩や首の筋肉の収縮によって起こるものや、頭部の血管の収縮や拡張によって脳内の血液循環が十分に行われず酸素が不足した状態のもの、眼精疲労など、さまざまな理由で起こります。

 原因がわからない頭痛の多くはマグネシウム不足と考えられています。マグネシウムが少なくなると血液中のセレトニンが脳内に放出され、その結果痛みの原因とされるプロスタグランジンと言う物質が発生し頭痛になると考えられています。

[include file=/rssb/13725/rss.html]

 原因不明の頭痛のと時は神経系の痛みを和らげるビタミンB1や血管を拡張させる効果があるニコチン酸がお薦めです。

 また不足しがちなマグネシウムや抗酸化ビタミンE,ビタミンCも体のストレスを減らす作用があるのでサプリメントなどを使って上手に補給しましょう。
 
 カフェインには血管を収縮させる働きがあります。カフェインのとりすぎはマグネシウム不足にもつながります。頭痛の人は避けるようにしましょう。

 また、アルコールは脳内の血管を広げる作用があり、頭痛を引き起こすきっかけにもなるので適量にしておきましょう。
  
 疲れがたまって勉強に集中できないときは無理をせず休む事も大事です。無理をするよりも体調を整えてから勉強を行うほうが能率が格段に上がります。

[include file=/rssb/13726/rss.html]