リストラクチャリングシステムという資格の勉強法があります。
 どのようなものかご存知でしょうか?

 資格取得のための勉強法は、工学博士が提唱する全体像を把握するという勉強法や英語学習に有効な音読法など、実に様々な人が実体験に基づき提唱しています。

 では、400の資格を取得している「平成の資格王」として知られる中村一樹氏の勉強法はどういったものなのでしょうか?

[include file=/rssb/13711/rss.html]

 一般に、受験でも資格試験の勉強法でも有効視されているのは、過去の出題問題を分析するという手法です。中村氏はその過去の出題問題を徹底的に分析する「過去問の選択肢単位の分析」を行い、再構築することで(=リストラクチャリング)自分にとって最良の学習効率を編み出す事が出来ると提唱しています。

 つまり資格試験に必要な知識を最短で、そして効率良く確実に身につけることが可能な勉強法が、このリストラクチャリングといえるのです。

 時間的な余裕のある学生が、ゆったりと一般教養を身につけるのとは事情が違います。

 テキストを熟読して問題集に取り組むといった手法では、時間に追われる社会人にとってはいささか遠回りなのです。

 だからこそリストラクチャリングシステムが有効視されるのでしょう。

[include file=/rssb/13712/rss.html]