資格試験に限らず受験に勝ちたい人の勉強法として速読術があります。
 では、資格の勉強に役立つ「速読術」とはどのようなものでしょうか?

 速読術とは、文章の理解速度を速める訓練で通常の3~4倍程度のスピードで文章を読み、理解力を強め、早めることができる技術のことです。

 雑誌や新聞の広告欄で目にした事もあると思いますが、流行り廃りと定期的なブームがあるようです。

 以前は習得が困難な印象のあった速読術でしたが、年代とともにそれも改良され、本当に習得可能な速読法が紹介され始めたのをきっかけに、実際に習得した人達の紹介や体験談などが広まったことが資格試験や受験に臨む人たちの人気の勉強法に繋がったのかもしれません。

[include file=/rssb/13703/rss.html]

 速読術が正しく、かつ効率的に身に付くことである程度の時間的節約になるかもしれませんし、試してみる価値はあるでしょう。

 自分にとっての学習スタイルが確立されれば、それだけ無駄が省けますし自信が付きます。

 確かに細切れの時間を有効に効率良く使いたい社会人にとっては、速読術を身につけるのもひとつの勉強法かも知れません。

 ただし問題点としては、試験勉強の前にまずは速読術をマスターしなければならないということではないでしょうか・・・

[include file=/rssb/13704/rss.html]