社会人の資格試験対策として重要なのは勉強法の前に、それは第一に勉強時間を確保することではないでしょうか。

 それが難しい資格であればあるほど、短時間でも効率の良い勉強法を見つけなくてはなりません。

 通勤電車でたまに見かけるのが、イヤホンを付けて片手にテキストブックスタイルのサラリーマンです。趣味なのか資格取得のための勉強なのか、いずれも時間のない彼らが考えだした勉強法なのだと思います。

 慌ただしい朝の通勤電車の中で集中出来るのだろうかと疑問でしたが、意外に集中して勉強出来るようです。最近では周囲が騒がしい方が逆に集中できるといった研究報告もあったようです。

 しかし、これには向き不向きもあるので、誰にでもお薦めとは言えません。また会社でも昼休みやトイレでブックレットや単語帳を用いて暗記する事が出来ます。

[include file=/rssb/13699/rss.html]

 たとえ細切れでも集中した時間を有効に使う事によって、勉強の内容もおのずと変わってくるはずです。

 持ち運びをより軽量化したいのであれば、必要なページ分を切り取り持ち歩くという方法もあります。なかなか思い切った方法ですが、面白いですね。勉強するためのものですから、考えようによっては別に綺麗なテキストのままでなくとも良いわけです。

[include file=/rssb/13700/rss.html]