私たちは一度に沢山の情報を覚えるようには出来ていません。

 資格勉強も同じで、一度に沢山の資格勉強を行っても効果が上がりません。一度に覚える情報量が決まっているからです。

 一度に覚える事が出来る数字や単語は最大で7個と言われています。これは脳科学や心理学でも発表されています。大事な事は一度に沢山覚えない事です。

 物を覚えるときは、覚えるためのちょっとした工夫をしてみましょう。闇雲に覚えても思うように覚えられません。そこで同じような情報を分類すると覚えやすくなります。

 情報を記憶すると脳に情報がしまいこまれます。研究では、同じような情報ばかりが記憶されるとより長く鮮明に記憶されると言われています。逆にいろいろな情報が入ってきたときはあまり記憶されないとの結果が出ています。

 資格勉強で覚えるときは、同じような情報を少なく沢山の回数に分けて行うほうが効果的となります。

[include file=/rssb/13757/rss.html]

 また、資格勉強を行ってもすぐに忘れてしまう事があります。

 短時間で覚えた気になっていても実はぜんぜん覚えていない事があります。覚えられない理由は理解していないからです。

 心理学の実験で、歴史的な事件を理解している学生と、丸暗記している学生では、歴史的な事件を理解している学生のほうが記憶力が良い結果が出ています。

 資格勉強は問題と答えの丸暗記よりも、どうして答えが出るか理由を理解するようにします。理解した事は丸暗記よりも記憶に残り忘れにくくなります。理解する事で応用が利き総合的な理解も深まります。

 資格勉強は理解しながら進めると時間がかかります。しかし確実に覚える事が出来ます。時間はかかりますが、理解しながら資格勉強を行うようにしましょう。

[include file=/rssb/13758/rss.html]